高級なマットレスを長持ちさせる方法

モットンをうっている会社に直接

「どうすればモットンを長持ちさせられるのでしょうか?」

とメールをしてみました。

そしたら、以下のような回答がありました。

体重は120KGにすること

モットンは性能上、11年使用してもヘタり具合が10%未満だそうです。つまり、最初は厚みが8cmのモットンですが、11年使用しても、一番圧がかかっているところでヘタり具合が7.2cmとのことです。

つまり、あんまりヘタらないみたいです。が、例えばシングルに2人が寝るとか、すごモットンを長持ちさせる方法いデブが寝るとかしてしまうと、この11年でヘタり率が10%を超えてくるのかもしれません。

デブは痩せましょう。

定期的に除湿をすること

モットンは通気性が良いのが売りですが、その反面、マットレスの裏側に水分が行ってしまうことがあるそうです。

マットレスの下が木の板やフローリングに直置きとかだと、そこに水分がたまってしまい、カビの温床になるそうです。

なので、定期的に陰干しをしてほしいとのことです。

これらの質問をメールでしたのですが、回答が1日以内に来ました。おそらく専門のオペレータのような人がいるのだと思いますが、予想以上に回答が早かったので助かりました。

他にもモットンで気になるところが出てきたら質問しようと思います。

コメントを残す